清泉小だより

その他

校長だより~「愛」 いつでも笑顔 であるように

5月18日は聖ラファエラ・マリア様の列福式が行われた日でした。

世界に広がる姉妹校が、聖ラファエラ・マリア様のことを思い起こしてお祝いしました。

清泉小学校では5年生が、17日に聖ラファエア・マリア様についてすばらしい発表をしました。5年生の皆さん、ありがとうございました。

聖ラファエラ・マリア様は、清泉小学校の皆さんに“お友達を幸せにすること、それがほんとうの愛”と伝えてくださっています。「どうぞ ありがとう ごめんなさい」の言葉を大事にして「お友だちを大切に」愛でいっぱいの学校にしてまいりましょう。

引き続き、清泉で大事にしている10の価値の中の「愛」についていっしょに考えたいと思います。

前回、皆さんに紹介した、聖歌「愛をください」の中で、こんな言葉がありました。

♪イエス様わたしにいつでも笑顔をあふれる感謝をゆるせる心を・・・♪

いつでも笑顔を・・・とありますが、皆さんはいつでも笑顔でいますか?いつでもとは、なかなかいかないかもしれません。楽しいこと、嬉しいことがあると笑顔でしょうし、思うように事が進んだ時、笑顔でしょう。テストでよい点をとったとき、上手に絵が描けたと思ったときも笑顔でしょう。

では、朝、あいさつを交わすときどうでしょうか。

にこにこ笑顔で「おはようございます。」言われると、先生はとても気持ちが良いです。元気パワーもいただきます。また、「お先にどうぞ」と笑顔で言われたら、これもまた気持ちよく「そうですか、すみません、ありがとうございます。」とその人と温かいやりとりができます。

お友だちに良いニュースがあった時、「いいなあ。」とうらやましくてお顔が曇っている人をみかけることがありますが、「すごいね、よかったね。」といっしょに喜べると、笑顔の輪が広がります。お友だちが失敗をして「ごめんなさい。」と言ったとき、笑顔で「いいよ。」とゆるしてあげたら、きっとお友だちも安心することでしょう。

笑顔は、あったかいパワー、優しいパワーをいっぱいいっぱい出します。

困ったこと、つらいことがあっても微笑みを忘れなかった聖ラファエラ・マリア様のように、どんなときも笑顔で過ごせますように、神様にお力をいただきながら学校生活を送ってまいりましょう。

 

校長だより~清泉10の価値 「愛」について共に考えていきましょう~

4月16日の講堂朝礼での校長先生のおはなしをご紹介します

皆さん、おはようございます。
1年生の皆さん、学校生活はいかがですか。朝のお仕度のとき、お兄様、お姉様が優しく教えてくださっていますね。お庭でもいっしょに遊べて楽しそうです。また、先生のお話を一生懸命聞いている姿を見ました。感心しました。1 年生、良いスタートを切りましたね。

1年生の朝の支度を手伝う6年生

担任のお話を聞く1年生

2年生以上の皆さん、新しい学年になって、新しい気持ちで頑張っていますね。早速1年生に近寄って「大丈夫?」と話しかけているところを見ました。率先して「お友だちを大切に」を実行している姿を見ると心がぽかぽかしてきます。朝、1年生といっしょにお聖堂に入ってお祈りをするお友だちもいますね。

朝のお聖堂の様子

お祈りをすると神様とお話ができて心が落ち着きますから、良い1日を送れそうです。神様は皆さんのことが大好きで大好きでたまらないですから、お祈りをするとその「愛」を感じ、喜びであふれることでしょう。神様は「愛」そのものです。神様に必要とされ、一人ひとり命をいただき、見守られて過ごしています。ですから神様のことを忘れないで過ごしてまいりましょう。「お友だちを大切に」「愛」でいっぱいの学校になるとよいですね。

 

児童が考えた「愛」のキャラクター

2024年度は、清泉で大事にしている10の価値の中の「愛」についていっしょに考えたいと思います。

聖ラファエラ・マリア様は愛についてこんな言葉をおっしゃっています。まわりの人を幸せにすること、それがほんとうの愛。
今の言葉の「まわりの人」の所を皆さんは「お友だち」と考えると分かりやすいかと思います。
お友だちを幸せにすること、それがほんとうの愛となります。お友だちが困っているときに声をかけたり助けてあげたりすること、お友だちの気持ちを考えて喜ばれることをすること、悲しそうなお友だちがいたら励ましてあげることなどがほんとうの愛なのです。

清泉の創立者聖ラファエラ・マリア

また、聖歌「愛をください」の中ではこんな風に表現されています。

~「愛をください」~

イエスさま 私に いつでも笑顔を
あふれる感謝を ゆるせるこころを
どんな時でも どんな人にも
あたえる愛を 愛をください

イエスさま 私に いつでも自由を
かわらぬ友情を すなおなこころを
どんな時でも どんな人にも
あたえる愛を 愛をください

 

聖歌の中で「愛」は笑顔、感謝、ゆるせる心、自由、友情、すなおな心、とあらわされ、そしてどんな時でもどんな人にも与える愛をくださいとお祈りしています。
これらを踏まえて、「愛」について少しずつ共に考えていきましょう。「愛をください」の聖歌もいっしょに歌えるといいなと思います。

校長だより その1

~実力発揮の2学期に~

2学期に入って、全校で大きな行事が2つありました。バザーと秋の集いです。特に6年生はこれらの行事で学校を大きく支えます。清泉小学校の行事では、子どもの成長を保護者の皆様とともに実感し喜び合えることが素敵なことだと思います。

バザーの係の仕事で6年生は大活躍でした。「こどもセンター」では6年生が主になり困っている人に寄り添います。それぞれの話を聞いてメモをし、解決に向けてとことん最後までお付き合いして、解決できるように心を配ります。清泉の子どもらしい振る舞いに、感動したとお声を寄せていただきました。

秋の集いは、縦割りの3色対抗で行います。6年生は最上級生として兄弟姉妹クラスに目を向け、準備の段階から力を尽くします。今年は特に応援合戦を成功させようと皆の士気を高めるために、休み時間も1年生から5年生までのクラスに行って、気持ちを盛り上げ、本番に臨んでいました。

プログラム最後の6年生クラス対抗リレーでは、自分のクラスの勝利のために全員がバトンを渡していきます。アンカーが走り抜けたあと、全力を出し切った子どもたちの多くが涙を流していました。勝ち負けではない、充実感、達成感がその涙に溢れていました。そして4年ぶりに全校で秋の集いが行えたことで、6年間の成長の大きさを目の当たりにすることができました。

バザー、秋の集いを盛り上げた6年生に感謝です。行事のたびに成長していく子ども達を見て、皆で共に喜びを分かち合えることは、私たち教職員にとって次に向かって歩む原動力になります。

卒業までの残りの日々が神様の豊かな恵みのうちにありますように。

2学期が始まりました

今日からいよいよ2学期が始まりました。

先生やクラスメイトととの久しぶりの再会を喜ぶ子ども達の顔は、新しい学期への期待にあふれて輝いていました。

全校が集まって行われた始業式では、校長先生から「2学期は行事や日々の学習を通して持っている力を発揮する時です。協力し、自らを高め、他者のために働くことを誠実にやり遂げていきましょう」というお話がありました。

始業式の後は各クラスで新たな活動に励みました。

講堂で行われた始業式

2学期の「係」決め

漢字の学習

2年生の「夏休み自由作品」を見学する5年生

5・6年生のクラブ活動をご紹介します

5・6年生は隔週でクラブ活動に参加します。

クラブの種類は毎年変わりますが、今年度は、球技・バドミントン・音楽・プログラミング・テーブルゲーム・ペーパークラフト・ハンドメイド・理科・スペイン語・点字・美術の11のクラブがあります。

それぞれが興味のあるクラブに所属し、毎回楽しく活動しています。

バドミントンクラブ

ペーパークラフトクラブ

音楽クラブ

球技クラブ

プログラミングクラブ

美術クラブ

講堂朝礼での委員会発表

火曜日は隔週で講堂朝礼が行われます。

講堂朝礼では、全校児童が講堂に集まり、朝の祈りを唱えた後聖歌を歌い、学校長の話を聞きます。

今日はその後、委員会からの発表がありました。

先週行った1回目の委員会で、学校をよりよくするためにどのようなことをしていくのかということを話し合い、決まったことを代表児童が壇上で全校児童に伝えました。

委員会は、学級・整美・図書・保健・体育・史跡・ボランティア・自然教室・宗教の9つがあり、4年生以上が参加します。

学級委員会の今年度の目標は「清泉の子どもらしく誠実に行動し、あいさつを忘れず、周りの人に気を配って助け合う心を大切にする」でした。

どの委員会も、学校生活がより楽しく充実したものになるような目標でした。

目標に向かって、一人がみんなのためにみんなが一人のために、それぞれが立派に責任を果たしてくれることでしょう。

全員で聖歌を歌います

校長先生のおはなし

9つの委員会が目標を発表しました

清泉小だより始めます

校舎前の桜が満開を迎えようとしています。4月より「清泉小だより」を開始します。日々の学校の様子やお知らせなどを発信していく予定です。

「三浦自然教室だより」と合わせてどうぞご期待くださいませ。

TOP新着情報清泉小だより > その他