清泉小学校
サイトマップ  
アクセスマップ
ホーム
学校紹介
清泉の教育
学校生活
施設紹介
入学案内
後援会・同窓会
お知らせ
総合学習

総合学習

文部科学省では、平成14年度より、「総合的な学習」の時間を新設していますが、清泉小学校では、1982年度(昭和57年度)より授業に「総合学習」を導入しております。
児童は本来、本物に出会ったとき、自己実現のために骨惜しみなく苦労や問題を乗り越えていく力を持っています。その様な「自分を伸ばそうと望む自然な力」を育てていくために、清泉小学校では、「総合学習」に力を入れてきました。

6年間を通して、児童一人一人の意欲・関心・創造性を大切にし、教科書にとらわれない、行動的・体験的な学習・・・それが、清泉小学校が行っている「総合学習」です。児童自らが課題を持ち、追究して学ぶ喜びを知ります。そして、様々な困難に直面したときも、その困難に耐え、困難を切り開いていく強い意志とたくましさを養います。また、これらの経験をすることにより、困っている人や友だちに気遣い、思いやる心と協調性を豊かに育てます。
清泉小学校では、1年生から3年生までの宗教・音楽・体育・英語(3年生は理科も含みます)を除いた、学級担任が行う授業時間を、すべてを「いずみ」と呼んでいます。

この「いずみ」とは、「清泉小学校」の「泉」からつけられたもので、「自らの力で湧き出る泉」の勢いを現し、積極的な学習への願いの意味も込められています。
この「いずみ」の時間は、教科の枠にとらわれる事をなくし、「総合学習」に加え従来の国語、算数、社会、理科、美術(図画工作)の内容が含まれています。また、ドリル学習的な漢字・計算・読書も、この「いずみ」の中に含まれています。 専科性の強い音楽・体育・宗教・英語は、それぞれ独立した教科として時間割に組み込まれています。

チャイムが鳴らない学校

学校では普通授業の始めに、始業のチャイムやベルを鳴らします。また、授業が終わり休み時間に入る時も、同じようにチャイムやベルを鳴らします。ところが、清泉小学校は授業の開始・終了時のチャイムやベルは鳴らしません。児童一人一人が時間を管理し、時計を見ながら自主的に授業の始まりを確認します。授業中「さてこれから」と言うときにチャイムが鳴ってしまい、児童の集中力を欠いてしまうという様なことがなく、「時間にとらわれない学習」の展開がなされています。
2006年度
2年生 「蚕とともに」
6年生 「広げよう、世界へ。」
2007年度
2年生 「羊との生活」
6年生 「チャリティーバザーを開こう」
2008年度
2年生 「鎌倉の町」づくり  
6年生 「ホバークラフトの製作」  
2010年度
6年生 「発掘現場見学」  
2013年度
1・2年生 「飼育中の動物の様子」  
1年生 「うどん作り」  
1年生 「みんな ともだち」  
2年生 「羊の毛刈り」  
2年生 「羊毛の草木染」  
2年生 「ひつじと共に」  
2年生 「山羊のミーナちゃんとの思い出」  
2年生 「ありがとう羊たち」  
3年生 「鎌倉調べ」  
3年生 「段蔓の長さ調べ」  
3年生 「鎌倉の町」  
4年生 「感謝の集い&1/2成人式」  
4年生 「清泉小学校の模型作り」  
4年生 「町のお掃除・点字・脚本作り」  
5年生 「5Pワールド 〜フランス・イタリア・アメリカ〜」  
5年生 「科学博物館」  
5年生 「世界遺産」  
6年生 「食べ物レストラン」  
2014年度
1〜6年生 「全校学習発表会」  

 

ページの先頭へ
清泉小学校 〒248-0005 鎌倉市雪ノ下3−11−45
TEL: 0467-25-1100(代表)
Copyright 2013 Seisen elementary school. All rights reserved.